「やさしい日本語」で外国人患者さまや医療通訳の皆さま、病院の言葉が難しいと感じている方々と繋がっていきたいと考えている元看護師です。これから勉強するので、ぜひ皆様ご指導をお願いします。

by みっこ

なぜ 元看護師が「やさしい日本語」を学ぶのか?

今回は、前回の予告どおり、明日7月8日の「第35回びわ湖国際医療フォーラム」で
発表する 予定の 内容を ネタバレします。


実は、最初の頃、ある程度「なぜ 私が こんなにも『やさしい日本語』を
学ぶことに 燃えているのかという 話を しばらく シリーズで 書き連ねました。

でも、いきなり 踏み込んだ話を 書いてしまうと、混乱するかもしれないと
思って、黙っていたことが あります。
それは、最終目標は 「やさしい日本語」の 達人に なることではなくて、
かなり 大風呂敷な 目標なのです。
発表します。

d0364500_23034224.png













自分で 書いていても、どれぐらい 頑張ったら そんなことが
できるのか、途方もない努力が 今後待っているだろうと 思うのです。
もちろん、一人ではできません。
一緒に 歩んでくださる方が 必要です。
とにかく 常に 大募集中なのです。
平に平に お願い 申し上げます。

さて、Plain-language とか、 ヘルスリテラシー とか
ぜんぜん、「やさしくない日本語」で 申し訳ありません。

Plain-language(プレインランゲージ)というのは
諸外国の動きで 一般人にも 専門家の 話を 解りやすく 説明しようというものです。

英語なら
Plain-English というように 使います。

国際医療保健の 分野の 大きな目標に
ヘルスプロモーションの 向上というものが あります。

ヘルスプロモーションとは
「人々が自らの健康とその決定要因をコントロールし、
 改善することができるようにするプロセス」
のことです。

その人が その人らしく 生き生きと 生きるために
世界が 手を つないで 社会づくりを しましょうということです。

その 社会づくりの 中でも
ヘルスリテラシーの 向上というのが、大切だと 言われています。

ヘルスリテラシーというのは
健康に 関して
1.情報を 得ることができる
 (教えて もらったり 調べることが できる)
2.得た 情報を 元に 行動することができる
 (わかったことを することが できる)
3.批判的に 考え 社会的な 行動ができる
 (よく 考えて、違うと 思ったことや 直した方が よいと 思うことを 
  他の 人に 伝えて もっとよい 方法を 考えることが できる)

というふうに 発展していくと 考えられています。

そして、まず 最初の 「情報を 得る」ために
Plain-langageの 普及が 大切だと 言われているのです。

一生懸命 調べても 専門用語ばっかりでは、さっぱり わからないですものね。
だから、専門用語を やめて、一般的な 単語だけを 使って、
文章は 短く、一目で わかるような デザインで 文章を 書きましょうという
ことなのです。

アメリカでは、オバマ大統領が すべての公文書を
Plain-languageで つくると 決めて
ヘルスケア分野だけではなく、本当に すべての分野の 公文書を
Plain-languageで 書くことが 法律に なりました。

どの部署が 最高に わかりやすい Plain-languageの 文書を 作ったかという
コンクールまで あります。

大統領が 変わってからは ちょっと わかりませんが。。。

Plain-languageの 良い所は
1.能力が 高い人は 短時間で 沢山の 情報を 得ることができる
2.なんらかの ハンディが ある人も 必要な 情報を 得ることができる
3.翻訳・通訳が 速やかで 誤訳することも減る
4.簡単な 辞書で 意味を 調べることができる
5.文書の 紙を 減らすことができる。封筒も 小さくできる。切手も 安くできる。
  メールで やりとりすることもできる。
6.分からなくて 困ることが 減り、
  問い合わせの 為の オペレーターを 減らすことができる。
ということで、5・6で かなりの コスト削減が できたということです。
みんな 幸せですね。

この方法を 移民・難民への サポートにも 活用しましょうと 言うことが
多くの 国の ヘルスケアサポートの施策や 提言に 盛り込まれるようになりました。

ところで、日本は
まさかの 日本人そのものの ヘルスリテラシーが 低いという データが
あるのです。
私です。「絶対安静」が 解りませんでした。
なんと8割以上の 一般日本人が 「病院の言葉」が 解りにくいと
答えたというのです。
私だけでは ありませんでした。

だから、
「病院の言葉」を やさしい日本語という Plain-Japaneseにして
日本人も 外国人も サポートしましょう!
そして、そうすれば、医療通訳の 方々との 連携も スムーズに 行くはずです。

というのが、私の 目標です。

明日は、これを 発表して、
参加者の 皆様から いただく コメントや
他の方々の 発表から 得た 学びを 書いてみたいと 思います。

では、また。


最後までお読みいただきありがとうございました。
コメントなどいただけると励みになります。
看護・日本語・医療通訳のカテゴリーで
人気ブログランキングとブログ村に登録しています。
下の和ランプのともしびを、それぞれポチッと応援お願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
(和ランプの画像は「四季の素材 十五夜」さまの素材集より感謝していただきました。)

[PR]
by yasashiinurse | 2017-07-07 23:53 | フォーラム | Comments(2)
Commented at 2017-07-10 22:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yasashiinurse at 2017-07-11 12:44
>sammieさま
いつも 温かい コメントを ありがとうございます。
夢は 大きく
行動は できることから コツコツと。
お互い、夢や 目標は 明確に なっているので
ワクワク(楽しむ 気持ち)しながら、頑張りたいですね。
いつか、必ず ご一緒できることを 楽しみに 
私も 頑張っていきます。
これからも よろしく お願いいたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード