「やさしい日本語」で外国人患者さまや医療通訳の皆さま、病院の言葉が難しいと感じている方々と繋がっていきたいと考えている元看護師です。これから勉強するので、ぜひ皆様ご指導をお願いします。

by みっこ

2017年 10月 02日 ( 1 )


しばらく、「やさしい日本語」の 用語集を 作りました。
次は 「みんなの日本語(minna no nihongo)」の 勉強を します。
なぜ、これから 私は 「やさしい日本語」ではなくて「みんなの日本語(minna no nihongo)」を 勉強するのでしょうか?

弘前大学人文科学部が 勧めている「やさしい日本語」には 2種類 あります。
カテゴリーⅠと カテゴリーⅡです。
カテゴリーⅠは、 災害が 起きた後に どうしたらよいか やさしく 伝えるための 日本語です。難しい日本語が わからなくても 困らないように するための 言葉です。
カテゴリーⅡは、 役所の 言葉などが 困らないように できるだけ やさしく 伝えるための 日本語です。
カテゴリーⅠは、旧日本語能力試験で 3級と 4級の 人たちにも わかるように 言葉を 選びました。
日本の 学校で 言うと 小学校3年生ぐらいの 難しさです。
カテゴリーⅡは、旧日本語能力試験 2級の 言葉も 使います。
日本の 学校で 言うと、高校卒業ぐらいの 難しさです。
3級から 2級に 上がる時に、とても 難しい 言葉に なるのです。

私は 難しい 言葉を やさしく 言い換えたいと 思っていて、その時には 小学校卒業や 中学校卒業ぐらいの 難しさの 言葉を 選びたいと 思っています。
私は 「病院で 使われる 言葉」を やさしく 言い換えたいと考えています。でも、私は カテゴリーⅠだけの 言葉では 足りないと 感じました。
それで、日本語の 先生に 相談しました。
「みんなの 日本語(minna no nihongo)」という 本が あります。
「みんなの 日本語(minna no nihongo)」の 初級1と 初級2を 勉強すると、丁度 新しい日本語能力試験のN4ぐらいの 難しさに なるそうです。
N4は、小学校卒業ぐらいの 難しさということでした。
小学校の 理科や 保健体育の 勉強が わかっていたら、沢山の ことを 説明できると 思います。

ところで、日本人自身の 日本語能力が 下がっているという ニュースが ありました。

日本人のうち 25%の 人は 中学校3年生の 教科書を 理解できないと いうのです。
中学校卒業ぐらいの 難しさの 言葉で 言い換えても 4人のうち 1人には 伝わらないのです。
日本人自身に 中学校3年生の 言葉の 理解が 難しいのです。
それを 外国人に わかってもらおうと 考えるのは 無理だと 思います。

それで、N4までの 言葉を 使うことに 決めました。
ところが、N4までの 用語集は ないそうです。
そういう訳で、「みんなの 日本語(minna no nihongo)」初級1と 初級2の 教科書に 出てくる 言葉を 調べることに します。


では、また。


コメントなどいただけると励みになります。

外国語で みたい 人は http://yasashiinurse.blog.fc2.com/blog-entry-206.html に いってください。

[PR]
by yasashiinurse | 2017-10-02 00:12 | 「みんなの日本語」 | Comments(0)