「やさしい日本語」で外国人患者さまや医療通訳の皆さま、病院の言葉が難しいと感じている方々と繋がっていきたいと考えている元看護師です。これから勉強するので、ぜひ皆様ご指導をお願いします。

by みっこ

タグ:減災EJ ( 4 ) タグの人気記事

今回は、第14回放送の「『やさしい日本語』の生まれた背景」の部分です。
音声はこちらから

岡山県県民生活部国際課のホームページにある
ラジオ放送「やさしい日本語講座」全20回
から
紹介しています。

この放送は、2014年11月から2015年3月まで
エフエム岡山「Fresh Morning Okayma」
放送されたものだそうです。

1回約15分です。

岡山県県民生活部国際課さまより、
音声ファイルの書き起こしと個人の非営利ブログ上の公開の
許可をいただきました。ありがとうございます。
(商用転用は不可です。皆様のご理解をお願いします。)


黒字は DJ森田恵子さん
赤字は 水野義道(みずのよしみち)先生

では、どうぞ。

-----
「やさしい日本語」とは 外国人も わかりやすい
普通の 日本語より 簡単な 日本語のこと。
これは 地震などの 災害が 起こった時に 
とても 有効な 言葉なんです。

95年1月の 阪神淡路大震災では 
日本人だけでなく、日本で 暮らす 多くの 外国人の 方も
被害を 受けました。
その中には 日本語も 英語も 十分に 理解できず
必要な 情報を 受けることが できない人も 沢山いました。
そこで 彼らが 災害発生時に 適切な 行動を とれるように
考え出されたのが 「やさしい日本語」なんですね。

本日の ゲストは 京都工芸繊維大学 教授の 
水野義道(みずのよしみち)さんです。
水野先生は 大学で 中国語を 学ばれ、
現在は 京都工芸繊維大学で 留学生対象の 日本語と
日本人学生対象の 中国語の 両方の クラスを 担当しています。
また、教壇に 立つ 一方、
「やさしい日本語」の 研究活動も 続けていらっしゃいます。
「やさしい日本語」の 研究を 始めた きっかけを 伺いました。

日本語を 外国人に 教えていたっていうことが ありまして
災害時の 外国人の 為の 「やさしい日本語」に 関する 研究という
テーマなんですが、その 研究活動が 始まったのは 出発点が
阪神淡路大震災でして 1995年に 始まったということなんですが
私は 1年ぐらい 遅れて 1996年ぐらいから これに 関わってきています。

そうなんですね。
西日本の エリアでは 水野先生だけと お聞きしていますが。

研究メンバー自体 そう多くは ないものですから
そのようなことに なってしまって いるんですけれども。

地震が 阪神淡路大震災が きっかけということで
地元の 先生や 学生たちも いろいろ この 研究に 
関わっていったんですか、初めは。

そうですね。
最初は 大阪大学 私も その大学院 出身なんですけども
そこの 先生と その当時は 私は 卒業して 居ませんでしたので
当時の 大学院生が 中心に なって 言葉に 関する 調査をですね、
外国人の 方が どのようにして 地震後の 生活情報であるとか
避難に 関する 情報であるとか そういうものを どうやって 手に入れたかと
いうようなことを 調査したんですが
その結果 当時は 外国語による 情報っていうのも あまり
多くなかったものですから 普通の 日本語だけでは 
わからないことが 多かったということが わかりまして
それ以降 いろんな 外国語で 情報を 伝えることが 必要であると
いうことと、いろいろな 外国語といっても 
どれも 自分の 本来の 言葉でないっていう 方も いらっしゃるので
英語とか 韓国語とか ポルトガル語とか 外国人が 多い 言葉で
情報を 伝えるっていうことは もちろん 有効ですけれども
どの言葉も 得意でないけども 
日本語なら 少しは 日本で 生活してるから わかるっていう 方も
いらっしゃるので、「やさしい日本語」っていうことも 必要であると
いうことに なりましたので、その後 大阪大学と それから
国立国語研究所っていう ところと それから 弘前大学が 中心となって
「やさしい日本語」に 関する 研究が 始められたんですね。
で、当初の メンバーの 中に、私も 国語研究所っていうとこに
少し 居たことが あったものですから 国語研究所の 方と
弘前大学の 方で 知り合いが 居て、誘われて メンバーに 加わったと
いうような わけです。

そうなんですね。
今 日本全国で この「やさしい日本語」を 知ってもらおうという
取組みが 本当に 拡がってきて いますよね。

そうですね、震災 地震っていうこで 言えば、
阪神淡路大震災以降 新潟県の 中越地震などの 地震が ありましたし
特に 最近の 東日本大震災の 大きな 被害が ありましたから
それに 怖い事ですけども 東海沖地震とか 中南海地震とか
歴史的な データから すると 近い 将来に 発生するだろうという
予測が ありますので 日本では どこで いつ 大きな 地震が 起こっても
不思議ではないと いうことが 共通認識に なってきていると 思います。
一方、日本で 生活している 外国人の 方も 数も 増えてますし
観光で 日本を 訪れていて、偶然 地震に 遭遇するっていう 
可能性がある 外国人の 観光客の 方も 増えているっていうことが
ありますので、地震の 情報を そういう際には 「やさしい日本語」で
伝えられるような 準備をしておく 必要があるっていうことが 
政府関係であるとか 地方自治体関係の 方々においても 
注目するような 状態になっているのだろうと 思います。

-----
いかがでしたか?

これまで ずっと 阪神淡路大震災を きっかけに 生まれた
「やさしい日本語」が どうして 青森県の 弘前大学で 研究が
始まったのだろうと 不思議に 思っていましたが、少し 水野先生の
お話しで 判ったような 部分が あります。

国立国語研究所という ところが 関わっているということも
初耳でした。

これは、こののち ヘルスケア分野の「やさしい日本語」を
探っていく上で、とても 有用な 情報です。

なぜなら 国立国語研究所は 「やさしい日本語」研究とは別に
「『病院の言葉』を分かりやすくする提言」というのを 出しているからです。

これは、日本語を 母国語とする 日本人で あっても
約8割の 人が 病院の言葉は 分かりにくい、
もっと 分かりやすい言葉で 言い換えてほしいと 思っているという
アンケート結果を もとに 出した 提言です。

なので、分かりやすく 言い換えた 文例が あるのですが、
日本人相手の 言い換えなので、まだ 外国人には 難しいと
思われる 文例が 見られます。

「やさしい日本語」と この「『病院の言葉』を分かりやすくする」
動きを 合体させることで、病院の言葉から 専門用語を 排除して
Plain-languageという 概念と あわせることで、
日本人 外国人を 問わず ヘルスリテラシーを 
サポートできるのではないかというのが 私の 仮説です。

ワクワクしてきました。
明日は この 放送の 後半です。

では、また。



最後までお読みいただきありがとうございました。
コメントなどいただけると励みになります。
看護・日本語・医療通訳のカテゴリーで
人気ブログランキングとブログ村に登録しています。
下の和ランプのともしびを、それぞれポチッと応援お願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
(和ランプの画像は「四季の素材 十五夜」さまの素材集より感謝していただきました。)

[PR]
by yasashiinurse | 2017-06-24 19:50 | ラジオ講座「やさしい日本語」 | Comments(0)
今回は、第12回放送です。
前回放送に 引き続き、リチャードさんが 東日本大震災の 経験から
考える 災害時の「やさしい日本語」について お話しされています。
音声はこちらから

岡山県県民生活部国際課のホームページにある
ラジオ放送「やさしい日本語講座」全20回
から
紹介しています。

この放送は、2014年11月から2015年3月まで
エフエム岡山「Fresh Morning Okayma」
放送されたものだそうです。

1回約15分です。

岡山県県民生活部国際課さまより、
音声ファイルの書き起こしと個人の非営利ブログ上の公開の
許可をいただきました。ありがとうございます。
(商用転用は不可です。皆様のご理解をお願いします。)


黒字は DJ森田恵子さん
赤字は ゲストの リチャード・ハルビアン・チャンドラさん

では、どうぞ。

-----
第12回は 「読み言葉の 注意点 『やさしい日本語』で 伝える」という
テーマで ご紹介していきます。

今日の お客様は この方です。

リチャード・ハルビアン・チャンドラです。
インドネシアから 来ました。
私は 岡山理科大学 工学部 応用化学科の 3年生です。
今は ナノサイエンスを 勉強しています。
現在、就活中で 研究職を めざして 今 頑張っています。

就職活動中。

はい。
日本語を 学んでいて、最初に 難しいと 思ったのは
敬語の 使い方です。
今も 就活中で、敬語の 難しさを 感じています。
敬語が 使えると 立派な 社会人と よく 言われているんですけど
その分も やっぱ 頑張っています。

そうですか。
リチャードさん、私は 日本人の 男子大学生と 
話をしているような 印象を 受けます。
見た目も アジアの 方で、私と よく似た 特色を 持っていますし
日本語が 本当に 上手ですね。
就職活動っていうのも 就活って 言うんだ、やっぱり。

はい。

「やっぱり」っていうのも 「やっぱ」って 言うのね。

「やっぱ」ですね。

そうなんだ。
さぁ 改めて リチャードさんの プロフィールです。
1991年8月6日生まれの 23歳で 今年 24歳に なるので
日本で 言うと 未(ひつじ)年の 年男で 縁起の 良い リチャードさんです。
そういうのは 無い?インドネシアでは。

特に 無いんですね。

2012年から 岡山理科大学に 在籍。
工学部 応用化学科 3年です。
リチャードさんは、敬語は 難しいと 
今 就職活動中で 感じている、特にね。
例えば どんな 言葉が?

そうですね。「言う」っていうのが「おっしゃる」に 変わって
「食べる」も「召し上がる」という 変換を 覚えなくては ならないですね。

そうですね。

「れる」「られる」も 理解できるように なったんですけど
場面と 人によって 使う言葉が 違うので ちょっと 難しいですね。

本当 そうですよね。

そんな リチャードさん、川崎市で 日本語学校に 通っていた時に
東日本大震災の 影響による 大きな 地震を 経験しています。
どんな 体験でしたか?

はい。東日本大震災の 時は、私は 川崎で 髪を 切りに 行こうとして
お店に 向かっていた 時に その店が 入っている ビルが 揺れて
普通の 地震とは 違う 「やばい」っていう
みんなが 周りの人が 言っていまして、
携帯で ニュースを 見て、「やっぱ やばい 地震だな」って
理解が できました。

大変な ことだと。

はい。
電車も 止まっていまして、私が 住んでいた所は
川崎の駅から 電車で 20分で その時には 歩いて 帰りました。

どのくらい?歩いて どのくらい かかった?

そうですね。歩いて 40分か 1時間ぐらいは かかりましたね。
ちょっと 遠かったんです。
で、私より 東京に 住んでいた 友達が 帰れなくて・・。

大変でしたね。

はい。しばらく 日本語学校も もちろん 休みになって
アルバイト先の スーパーでは 荷物や 瓶とかが 
落ちてた 様子が ありまして。
買い物する 人も 殺到しましたね。

沢山の 人で。

はい。

物を とにかく 買っておこうという 人で

特に パンとか 飲み物とかが すぐ無くなったんですよね、その時は。

リチャードさんは どうしたんですか、食べ物とか 無かった時は。

私は 実は 地震の 前に 偶然 買いこんでいて。

偶然 買いこんでいた。

冷凍食品など 少し 沢山 買っていたので 助かりました。

そうでしたか。それでも 不安な 時間だったと 思います。
インドネシアの ご家族からは。

そうですね。国から 危険だから 帰りなさいって 言われて
一時 帰国していたんですけれど
特に おばあちゃんが もう 日本は 危険だから 戻らないでって
言われたんですけど
日本語学校での 訓練が まだ 残っていましたし
日本に また 行きたいと 思って 日本に 戻りました。
で、戻って 良かったです。

そうなんですね。
地震によって、不安な 想いを 沢山しましたよね。

はい。でも 私が 通っている 日本語学校では
地震や 被害の 時に どのような 行動を するかっていう 
訓練を 受けていまして、マニュアルなども 日本語・英語とかで
もらっていて、あわてたんですけど、その時の 訓練が あって
少し 助かったんですね。

そうなんですね。災害が 起きた時は、地震が 起きた時は
こうしましょうっていう マニュアルで 訓練を していたんですね、学校で。

はい。

ということは、精神的にも 気持ちは 落ち着きましたか?

そうですね、指示どおり 動けば 問題ないって 
先生が ずっと 言っていたので。

そうですか。そうであっても 災害が 起きた時にね、
リチャードさんや 外国籍の 方々は
やっぱり いろんな アナウンスや インフォメーションが 
わかりにくいと いうことが あるかもしれませんね。
じゃぁ、リチャードさん 私が 読んでみます。
聞いてみてくださいね。

はい。

1995年1月17日の 阪神淡路大震災が 起きた時に 
朝7時に 放送された テレビニュースを 元にした 文章を 
これから リチャードさんや リスナーの 皆さんに 聞いてもらいます。

今朝、5時46分ごろ 兵庫県の 淡路島付近を 中心に
広い 範囲で 強い 地震が ありました。
気象庁では 今後も しばらく 余震が 続くうえ、
やや 規模の 大きな 余震が 起きる おそれも あるとして
地震での 揺れで 壁に 亀裂が 入ったりしている 建物には
近づかないように するなど、余震に 対して 十分に 注意してほしいと
呼びかけています。

今、聞いてみて どんな 感想を 持ちました?

わかりにくいですね。

わかりにくい。
文章を 見てなかったら わかりにくいですか?

そうですね。専門用語とかが 沢山あって
もうちょっと やさしい日本語で

リチャードさんは 実は 日本語能力検定の 1級を 持っています。
それでも 耳で聞くと わかりにくい。
それでは、「やさしい日本語」に 言い換えます。

今日 朝 5時46分 兵庫 大阪などで 大きい 地震が ありました。
余震(後で 来る 地震)に 注意してください。
地震で 壊れた 建物に 注意してください。
この後も 注意してください。

いかがですか?今の。

最初の ニュースよりは すごく わかりやすいですね。

わかりやすかったですか。

はい。わかりやすかったですね。
で、やっぱり 専門用語の 後、「余震」の 後に (後で 来る 地震)って
説明が あったんで、その分も わかりやすくなったんですね。

そうですか。
「やさしい日本語」に 言い換えた ポイントとしてはですね、
「今朝」というのを 「今日 朝」と 言いました。
これ OK?

OKです。

それから 地名も「兵庫県の 淡路島付近を 中心に 広い 範囲で」っていうのを
地名を 単純に つまり 簡単に 言い換えて みました。
「強い 地震」というのも 「大きい 地震」にしました。
それから、文章を 短く わかりやすくしてみたんです。
その他に リチャードさんが 「こうしてほしいな」っていうことって 
ありますか?

はい。避難所などの 案内も 英語や その他の 言語で
表記して もらえると ありがたいと 思う 外国籍の 人も
多いと 思います。
それから 日本で 生活を している 外国人も 
日本で 災害が 起きた時に どうすれば 良いかという
シミュレーションや 訓練も 必要だと 思います。
何も 知らずに 急に 何かが 起きると 大変だと 思っていますね。

そうですよね。
私達も 「やさしい日本語」を 使う
そして リチャードさんや 外国人の 方も 日本で 生活する 中では
訓練や こんな事が 起きるっていう事を
ちょっと シミュレーションしてみるっていうことなんですね。

そうですね。

リチャードさんは、今 岡山理科大学の 3年生。
大学の 友達って どんな風に 接してくれますか?

そうですね。みんな やさしい言葉を 使ってくれていて

やさしい言葉を

はい。ちょっと 私が 理解できていないなぁって 表情した時に
友達が 難しい 言葉を 言い換えてくれるんですね。
嬉しいし、コミュニケーションが 取れているから
大学生生活を 楽しく やっています。

岡山弁も。

岡山弁も、はい。

でぇれぇ、ぼっけぇ、もんげぇは、使いますか?

はい。使います。

そうですか、そうですか。
「やさしい日本語」を 使う 大学の
リチャードさんの 大学の 友達のように
私達が めざしたい 所だと 思います。
リチャードさん ありがとうございました。

ありがとうございました。

今朝は 「読み言葉の 注意点、『やさしい日本語』で伝える」という
テーマで ご紹介しました。
岡山理科大学 工学部 応用化学科の 3年生、
リチャード・ハルビアン・チャンドラさん
研究職を めざして 就職活動中です。
「就活」と さらりと 言うほど 
日本語を 使いこなしている リチャードさんでも
非常時には 的確で わかりやすい 日本語で
状況を 伝えてほしいと おっしゃっています。

フレモ二 日本語講座「やさしい日本語」
岡山県が お送りしました。

-----
いかがでしたか?

今回は、丸々 1回分の 放送を 書き起こしました。
日本語能力検定1級という すごい 能力を お持ちの リチャードさん。
淀みなく 自らの 経験を お話しくださり、
勉強に なりました。

今回 放送で 使われた 阪神淡路大震災の ニュース放送を
「やさしい日本語」に 言い換える 例文は
弘前大学の 佐藤先生の HPや
減災の ための 「やさしい日本語」を 紹介する パンフレットなどで
必ずといっても 良いほど 使用される 有名な ものです。

東日本大震災の 時の 経験も お話しして くださり、
これも また 大変 参考に なりました。

FMわぃわぃの 総合プロデューサー、キム・チアキさんが 
お話ししてくださったことも 合わせれば
外国籍の 住民の 方々に 必要な サポートは 次の
5つの 視点が 必要だということに なります。

1.日本人、外国籍の 住民の方々 双方で「やさしい日本語」を
  共通語として 学ぶ。
2.普段から、災害や 事故が 起きたときに どうすれば 良いのか
  シミュレーションや 訓練を しておく。
3.読み言葉や 書き言葉は 専門用語を 極力使わず、必要時には
  やさしく 言い換えた 言葉を 添える。
  短い ストレートな 表現を 用い、声色は やさしく 情報提供する。
4.目の前に 対象者が いる 場合は、指差しや 肩を抱くなど
  「あなたを 大切に 思っている」ということを しぐさで 表す。
5.可能な限り 多言語対応を する。

これは、ヘルスケア分野でも 共通だと 思います。
次回は 第13回放送に なります。

では、また。

最後までお読みいただきありがとうございました。
コメントなどいただけると励みになります。
看護・日本語・医療通訳のカテゴリーで
人気ブログランキングとブログ村に登録しています。
下の和ランプのともしびを、それぞれポチッと応援お願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
(和ランプの画像は「四季の素材 十五夜」さまの素材集より感謝していただきました。)

[PR]
by yasashiinurse | 2017-06-22 23:52 | ラジオ講座「やさしい日本語」 | Comments(4)
今回は、第10回放送から「『やさしい日本語』の誕生」の部分です。
音声はこちらから

岡山県県民生活部国際課のホームページにある
ラジオ放送「やさしい日本語講座」全20回
から
紹介しています。

この放送は、2014年11月から2015年3月まで
エフエム岡山「Fresh Morning Okayma」
放送されたものだそうです。

1回約15分です。

岡山県県民生活部国際課さまより、
音声ファイルの書き起こしと個人の非営利ブログ上の公開の
許可をいただきました。ありがとうございます。
(商用転用は不可です。皆様のご理解をお願いします。)


黒字は DJ森田恵子さん
赤字は ゲストの キム・チアキさん(FMわぃわぃ)

では、どうぞ。

-----
そういう 中でも、日本で 使う 言葉が
日本語が もちろん 母国語なわけで、
わかりやすい 日本語、どんな 人達にも わかりやすい 日本語というのを
探求していくことを 今 キムさんは なさっていらっしゃいます。

最初、外国語っていうことで 始めて いろいろな 言語で
その人達に 発信する、それも とっても 重要なんですけれども
すべてを 網羅するっていうのは、
日本に 居て、日本の 中では できないって 思うんですよね。
そうすると 「やさしい日本語」で 伝えるっていうことを
私達自身 日本語を 話者とするものも 知っていて
それから それを 受け取る 外国人側にも 「やさしい日本語」っていうのを
教えるっていうことが あれば、災害時とか 大変な 時っていうのは
簡単な やりとり「助けて」「助けましょう」
「逃げましょう」「逃げます」「逃げます」っていうので 良いと 思うので
そういうことだけでも 伝わるっていう 必要性が あるなっていうのは
10年近く 7・8年 経ってから すごく 思うようには なりました。

弘前大学の 佐藤先生との 出会いも あって
キムさんは この「やさしい日本語」の 研究グループなどにも 参加して
いらっしゃるんですよね。
災害の 時の 「やさしい日本語」に 関わる 仕事というか 作業も
キムさんは されていると お聞きしてます。
翻訳する、外国語を そのまま 翻訳するだけでは
意味が 伝わらなかったり するわけですよね。

そうですね。ここは 翻訳・通訳というような 事業体も 生まれているので
その 場面って よく 見るんですけれども
例えば 「環状線」って ありますよね。

「環状線」はい。

グルーっと 周る。
あれがですね、韓国では 「循環線」っていうんですね。
「環状線」っていうと、めまいがするような 線っていうふうな
意味になる。
同じ 漢字の 国でも 使い方が 違ったりとか。
特に ゴミの 問題とか 多いですよね。
で、あの 「収集車」って 言いますよね。

ゴミの 「収集車」、はい。

これは、英語でも 韓国語でも スペイン語でも
ゴミを コレクト(collect)、趣味で 集める 人に なってしまいます。

まぁ!そう意味になる。

ゴミの 時の 車とか わかりやすいことに しないと、
日本語を そのまま 変換するのでは 
相手に とって 伝わらないっていうのも よく わかりました。

そうですよね。
それに 特に 緊急の 時には
簡単な わかりやすい 言葉を 
どのくらい 私達 日本人も 知っておくか
また 外国籍の 方も 共通で 知っておくことが 大事かっていうことですね。

はい。そうですね。
先ほど 言われた 弘前大学の 「やさしい日本語」研究会の 方が 
様々 やられている中で
非常に むずかしい 翻訳というよりは、
その中の 文章に 書かれている ものの 意味を 抽出する
何を 伝えたいのかっていうのを 理解しないと
「やさしい日本語」には ならないっていうのを 痛感しています。

また、地域の 中に 住んでいる 人は 
日本人も 居れば 外国籍の 方も 居る。
でも、その 区別だけでは ないですね。
多種多様な 方が いらっしゃいますよね。
どんなことを この 震災以降 感じられていますか?

これは 社会福祉協議会の 方々との 放送を 通じての
毎週毎週 来ていただいて、いろんな 情報交換を する中にですね
独居 一人暮らしの 知的障害の 成人の 人達
あるいは 痴ほう 軽い 痴ほうに なろうとしている
高齢者の 一人暮らしの 人達が いかに 増えているか
そういう 人達に とっては 同じように 「やさしい日本語」で 伝えないと
ゴミの 分別 分け方も わからないし、
それから、どういうふうに 自分は サポートを 受けれるのかと 
いうことも わからないっていう、そういう 所も 一緒なんだなぁというのを
実感しています。

今、お聞きして 本当に そうだなって 私も
改めて 感じました。
お年寄りの 一人暮らしで ご病気で あったり
認知症に なっていたり
それから お年を 召していなくても
妊娠している 方や、耳が 悪い、目が 悪いというような
身体の 肢体不自由な 方も いらっしゃったり
そう考えると、外国人 日本人だけでは なく、
いろんな 多種多様な 人達に 
「やさしい日本語」「やさしい言葉」「わかりやすい言葉」って 
とても 重要なんですね。

この「やさしい」っていう 日本語なんですけれども
これは、英語の イージー(easy) 「簡単な」とか「単純な」ということでは 
なくって 心が「優しい」
そういう 「やさしい日本語」だというふうに、私は 思っています。

中越での 地震や、東北での 地震の 際にも
支援活動に キムさんは お出かけに なりました。
改めて 阪神淡路大震災から 20年を 迎えて
今 どんなことを 思われていますか。

そうですね。
20年で よく 区切りって いうふうに 言われて
FMわぃわぃっていうのは 役目を 終えたのかなぁっていうのも
考えたことも あるんですけれども
そうでは なくって、この「やさしい日本語」っていう
相手のことを 思いやる 町が いかに 多種多様な 人達が
共に 住んでいるのかっていうような 所を 考える
「やさしい日本」に なるための 言葉づくりを 
していきたいなっていうふうに 思います。

まさに 翻訳や 通訳という 言葉の 言い換えではない
やさしい、本当の 意味での「やさしい日本語」なんですね。

そうですね。

それを 私達が 普段から 意識して 準備していくっていうことが
今 すぐに やらなくては いけないことですね。

はい。
共に 一緒に やりましょう。

やっていきましょう。
キムさん ありがとうございました。

はい。
ありがとうございました。

今朝は 神戸市 長田区に あります
多文化・多言語コミュニティ放送局 FMわぃわぃの
総合プロデューサー キム・チアキさんに うかがいました。

まもなく 阪神淡路大震災から 20年を 迎えます。
大きな 災害の 時に 正しい 情報を 得るために
また 情報を 伝えるために 何が 必要なのか
本当の 優しさを 私達 一人ひとりが 考え直す 時でも ありますね。

フレモ二 日本語講座「やさしい日本語」
岡山県が お送りしました。
-----
いかがでしたか?

減災のための 「やさしい日本語」が 
弘前大学の 佐藤教授の 研究グループに よって
作り出され、普及したことは 有名ですが、
こうして、現場で 体験され 必要性を 痛切に 感じた 方が
発展に 寄与してくださっていることを 知り、
胸が 熱くなりました。

そして、「やさしい日本語」が
単なる 翻訳や 通訳ではなく、
何を 本当に 伝えたいのか、
意味を 抽出する 作業が 大切だという お話しにも
感銘を 受けました。

ヘルスケア分野での「やさしい日本語」を 編み出したいというのが
私の 夢ですが、まさに 専門用語を どのように
意味が わかりやすく お伝えできるのか というところが
焦点に なります。

また、「やさしい日本語」が
本当の 意味での 多文化共生を 支える 言語となり、
外国籍の 方々に 限らず、
ありと あらゆる 人達への 思いやりとしての「優しい日本語」に
したいという 想いにも 感動しました。

先日 ご紹介した イギリスの 爆弾テロの 救助活動での お話しで
Plain-languageについて、少し 話しました。
とにかく、いわゆる 健常者で 母語が 当該国の共通語だとしても
いつ何時、災害や事故で パニックに なり、コミュニケーション能力が
低下するかも わかりません。
風邪を ひいたぐらいでも、長い 会話には 精神的にも 体力的にも
消耗して 付いていけない時が あります。

どうか、「やさしい日本語」を
弱者への サービスの 為に 限り 必要な 言語と 言うのではなく、
本当の 意味での 多文化共生社会
(「本当」というのは、今は
外国籍の 方々には、あくまでも 異邦人としての 立場を 固定させて
しまっていて、文化交流は 盛んになっても、住民としての 共生には
まだ 道のりが 遠いと 感じているからです。)
の 中で、その 構成員 すべてに やさしく わかりやすく
必要十分な 情報を 提供し、コミュニケーションが とれる
「やさしい日本語」が 必要だと 理解して いただけたらと
思います。

今回は、そのような 想いを
ますます 強くさせていただいた 放送でした。

次回は 第11回 放送に 移ります。

では、また。


最後までお読みいただきありがとうございました。
コメントなどいただけると励みになります。
看護・日本語・医療通訳のカテゴリーで
人気ブログランキングとブログ村に登録しています。
下の和ランプのともしびを、それぞれポチッと応援お願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
(和ランプの画像は「四季の素材 十五夜」さまの素材集より感謝していただきました。)

[PR]
by yasashiinurse | 2017-06-19 23:14 | ラジオ講座「やさしい日本語」 | Comments(0)
今回は、第3回放送から「災害の時に、よく使われる言葉」の部分です。
音声はこちらから

岡山県県民生活部国際課のホームページにある
ラジオ放送「やさしい日本語講座」全20回
から
紹介しています。

この放送は、2014年11月から2015年3月まで
エフエム岡山「Fresh Morning Okayma」
放送されたものだそうです。

1回約15分です。

岡山県県民生活部国際課さまより、
音声ファイルの書き起こしと個人の非営利ブログ上の公開の
許可をいただきました。ありがとうございます。
(商用転用は不可です。皆様のご理解をお願いします。)


黒字は DJ森田恵子さん
赤字は ゲストの チン・コウリンさん

では、どうぞ。

-----
では、チンさんね、地震に あった 経験は ありますか?

岡山に 来て、一回だけ ですね。
その時は まだ 寝てる ので
そんなに なんか 怖くは なかった ですけど。


あの いざね、事故や 災害が 起こって
一刻を あらそう 大変な 時に
外国人の 方に 伝わりにくい 表現を すると
避難の 遅れや 危険を まねく おそれが ありますよね。

はい。

そこで、チンさんと 事故や 災害の 時に わかりやすい
「やさしい日本語」に ついて 一緒に 考えて いきましょう。

はい。

今 大きな 地震が 起こったと しましょうね。

はい。

私たちは 安全な 場所に 避難 しました。

はい。

会話を して みます。
よく わからない ところが あれば
「わかりません」って 言って くださいね。

はい。

「チンさん 地震 怖かったね。」

「あぁ、すごく 揺れましたね。」

「余震が 起きる 恐れも あるから
余震に 対して 十分に 注意して くださいね。」

「え?よ、はい。」

「地震の 揺れで、壁に 亀裂が 入ったり している 建物に
注意して くださいね。」

「はい。」

あれ、なんか わからない 顔 してる。

はい。

この 会話で 何が わからなかった ですか?

最初の なんか 余震?
余震って いう 言葉が わかんなくて
そのあと、なんか 壁に なにか 入ってたか 
その 言葉も よく わからなかったです。


文章が 長い ですね。

はい、そうです。

この ケースで 伝わりにくい 理由は
文章が 長くて 文の 構造が 複雑 だから ですね。

はい。

では、言い換えて みます。

はい。

「余震が 起きる 恐れも あるから 
余震に 対して 十分に 注意して ください」
これを 言い換えると
「余震に 気を付けて ください」

はい。

余震という 言葉が むずかしければ、
「後から くる 地震に 気を付けて ください」
と 言い換えると

は、わかりやすい ですね。

なるほどね。
「地震の 揺れで 壁に 亀裂が 入ったり している 建物に
注意 して ください」
これは クエスチョン だね?

はい。

これは「地震で 壊れた 建物に 気を付けて ください」

はい。

だと いかがですか?

は、すごく わかりやすいと 思います。

なるほどね。
やっぱり、簡単に 簡潔に 

そうです。

漢語を なるべく 使わず、こう 和語を 使っていく っていう
ことも 大事ですね。
文章も 短い ほうが いいですね。

短い ほうが いいです。

その なるべく 漢語を 使わず、和語を 使う という ことで
例えば「転倒」

転倒は わかります。

転倒は わかる。「引火」

は、わからないです。

「転倒」は「ころぶ」、「引火」は「火が つく」

あぁ、そうですか。

それから「津波」

津波は わかります。

津波は わかりますか。

はい。

「避難所」

はい。わかります。

なかなか、災害の 時に よく 使われる
こういう 言葉が わかりにくいと 言われる ことも あります。

はい、そうですね。

「沿岸では 津波の 可能性が あります。
海岸沿いに いらっしゃる 方は 念のため
津波に 注意 して ください。」
わかりますか?

わからないです。

何が わからなかった ですか?

最初の 何々に

いらっしゃる 方は

そうです。

海岸沿い が わからない。

わからないです。

海の 岸と 書いて 海岸ですね。

あ、はい。

海の 近くと 言うと

あぁ、そうですか、はい。

OKですか?

はい。

なるほどね。
普段から、やっぱりね、こうやって 外国人の 方々が
むずかしいな という 感じること
勉強に なります。
はい、どういった 言葉が 伝わりやすい のか
チンさんの お話しで よく わかりました。
チンさん ありがとう ございました。

ありがとうございました。

自然災害が 起きたときに 使われる
緊急用の コメントの 中にも
外国の 方には 理解しづらい ものが ある
という ことを あらためて 認識しました。

目の前に いる 方に 話す 時は
その 表情から なんとなく 
わかって くれたかな わかって いないかな、と
想像する ことは できますが
顔が 見えない 時には なかなか わかりません よね。

表情を 拝見する ことが できない という 条件での
伝言や 注意を 呼びかける 注意喚起には
言葉を 選ぶ 必要が あります。

「余震に 注意」は
「後から くる 地震に 気を付けて」

「亀裂の 入った 建物に 注意 して ください」というのは
「地震で 壊れた 建物 壁に ヒビの 入っている 建物に
注意 して ください」と 言い換える。

緊急の 時 だからこそ、簡単に わかりやすく
簡潔に わかりやすく
あいまいでなく 具体的な 表現を 使うように
心に 留めて おきたいですね。

今日の 振り返りです。
1.敬語は 使わない。
2.あいまいな 表現は しない。
3.災害の 時 使う 言葉は できるだけ 
  簡単な 言葉に 置き換える。

今から 気を付けて 会話を すすめて いきましょうね。

フレモ二 日本語講座「やさしい日本語」
この コーナーは 岡山県が お送りしました。

-----
いかがでしたか?
今回は、「やさしい日本語」の 元祖
減災の ための「やさしい日本語」に ついて の お話し でした。

チンさんは、「津波」は わかる と 言って みえました。
東日本大震災 では 「津波」は わかったのに
「高台に 逃げる」の「高台」が わからなかった ために
命を 落とされた 外国人の 方が 多く みえた と 聞きました。

「できるだけ 高いところに にげてください」と 伝えられれば
助かった 命が あったのかも しれません。

減災の ための「やさしい日本語」に ついて
もっと 勉強したい 時には、
弘前大学の ホームページに とても 詳しく 載っています。

また、音声でも
弘前大学の お膝元、青森県の アップルウェーブと いう
ラジオの ホームページに 音声ファイルが 沢山 載っていて
参考に なります。
どのくらい ゆっくり 話す べきなのか。
災害 無線 などで 言葉が 聞き取り やすい ような
工夫が されています。
ユーストリームで 番組を 聞く ことも できます。
「やさしい日本語」の番組も あります。
一度、聞いてみる ことを おすすめ します。

それから、この 減災の ための「やさしい日本語」は
各 自治体の 災害対策に かなり 浸透して きて
いるようです。

ご自分の 自治体で どのような システムに なっているか
調べて みるのも 面白いかも しれません。

さて、第3回 放送 までの 書き起こしが 終了しました。
次回は 第4回 放送に なります。

では、また。


最後までお読みいただきありがとうございました。
コメントなどいただけると励みになります。
看護・日本語・医療通訳のカテゴリーで
人気ブログランキングとブログ村に登録しています。
和ランプのともしびをポチッと応援お願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
(和ランプの画像は「四季の素材 十五夜」さまの素材集より感謝していただきました。)

[PR]
by yasashiinurse | 2017-06-02 14:07 | ラジオ講座「やさしい日本語」 | Comments(0)