「やさしい日本語」で外国人患者さまや医療通訳の皆さま、病院の言葉が難しいと感じている方々と繋がっていきたいと考えている元看護師です。これから勉強するので、ぜひ皆様ご指導をお願いします。

by みっこ

タグ:plain-language ( 3 ) タグの人気記事

今日は 昨日書いた 第35回びわ湖国際医療フォーラムでした。
このフォーラムは とても 珍しく、医師も医療通訳者さんも、
看護教員や 私のようなフリーの人も
平等に 扱ってくださって、その上、分科会形式ではなく
すべて同じ部屋で 発表させてくださるので、
私の ような かっこよく言えば 学際的、
悪く言えば 立ち位置が 不安定の 人間なのに
訴えかけたい人は 多彩に渡る 研究発表としては
最高の 場所でした。
改めて、この場を 借りて チャンスを くださったことに 心から 感謝いたします。



昨日 書いた内容を 発表してきました。
日本人も 外国人も 医療通訳者も 誰もが
「病院の言葉」が 難しすぎると 感じているということを
医師や 看護職の 方々に お伝えできたことは 良かったと
思います。

「タダで できる サービス向上」
「タダどころか むしろ コスト削減」
というところでは、男性の声の うけている 笑い声が 聞こえ、
やっぱり、皆さん 国内の 国際医療を 改善するに あたって
「誰が そのコストを 払うのか」ということが
大きな 問題に なっていると 改めて 感じました。

「やさしい日本語」のことを 知っていらっしゃる方は
少なかったです。

ご質問は
「『やさしい日本語』に 言い換える 訓練が 必要ではないか?」
という ものでした。

私は、「実は 看護師は 高齢者看護、小児科看護、妊産婦看護の分野で
すでに 経験的に 難しい言葉を かみ砕いて 説明するということを
してきたのです。
しかし、それを Plain-language とは 意識してこなかった。
それぞれの場面での 工夫を 「病院の言葉」そのものが むずかしいとは
認識してこなかった。
まして、国内の 国際看護に 活かそうとは 全く 考えて こなかった。
そこを つなげましょう。と」 お答えしました。

あと、やはり
「やさしい日本語」が 小学校3年生くらいの 子どもが わかる 日本語と
言うと、「子どもっぽい 日本語」だと 捉えてしまって
大人に 対して 子どもっぽい 日本語で 対応したところ、
高齢の 患者さんが 怒りだしてしまったという 事例を 教えてくださった方が
見えました。

諸外国での 移民・難民への Plain-languageは、
「子どもに 話すように、この地が 移民・難民を
温かく 迎え入れていることを 示すように 話すこと」とされています。
日本では、子どもに 話す 言葉と 大人に 話す 敬語を 含む 言葉が
明かに 違うことが あり、そこを 改善しないと、ご紹介 いただいたような
トラブルが 生じることが 考えられます。

さらに オノマトペの 話も 出ました。
「ドロドロの 血液を サラサラに する 薬」って 通訳してと
言われても、対象患者さんの 文化には ドロドロや サラサラに 
一致する 言葉が ないことが 多いのです。
擬音語・擬態語は 使わないという 「やさしい日本語」の原則を
お話したところ、「本当に 医療従事者に 知ってもらいたいですね」と
言っていただけました。医療通訳者さん 泣かせの 擬音語・擬態語
これは、かなり 永遠の 課題と なりそうです。

「誰が 誰に 言っているのかが わかりにくい 日本語を
医療従事者の 人は 良くつかう。」
「あいまいな 言葉が 多い」
「外国人患者さんに 説明することに 慣れてくると
日本人患者さんにも 説明が 上手になる」
という お話も 外国人医療で 活躍されている 医師や 
医療通訳者の 方々から いただきました。

医療通訳の 世界では
派遣通訳・電話通訳・ビデオ通訳など
それぞれの 取組みを お聞きし、
それぞれの 課題を 伺うことも できました。

人獣共通線虫症(動物の から 人に うつる 細長い 虫が 原因の 病気)に ついて
発表してくださった 病理医の 先生は 資料として 
CDC(アメリカ合衆国 疾病予防管理センター)の
図解資料を 配ってくださいました。

それが、まさに Plain-Englishで 示された 資料でしたので、
とても 貴重な サンプルを いただけたと 感激しました。

多くの 出会いを いただきましたので、
これからも 多くの 方々に 教えを 乞いながら
一生懸命 勉強していきたいと 思います。

明日は、
医療分野での「やさしい日本語」活用例を 紹介します。

では、また。


最後までお読みいただきありがとうございました。
コメントなどいただけると励みになります。
看護・日本語・医療通訳のカテゴリーで
人気ブログランキングとブログ村に登録しています。
下の和ランプのともしびを、それぞれポチッと応援お願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
(和ランプの画像は「四季の素材 十五夜」さまの素材集より感謝していただきました。)

[PR]
by yasashiinurse | 2017-07-08 22:20 | フォーラム | Comments(0)
今回は、前回の予告どおり、明日7月8日の「第35回びわ湖国際医療フォーラム」で
発表する 予定の 内容を ネタバレします。


実は、最初の頃、ある程度「なぜ 私が こんなにも『やさしい日本語』を
学ぶことに 燃えているのかという 話を しばらく シリーズで 書き連ねました。

でも、いきなり 踏み込んだ話を 書いてしまうと、混乱するかもしれないと
思って、黙っていたことが あります。
それは、最終目標は 「やさしい日本語」の 達人に なることではなくて、
かなり 大風呂敷な 目標なのです。
発表します。

d0364500_23034224.png













自分で 書いていても、どれぐらい 頑張ったら そんなことが
できるのか、途方もない努力が 今後待っているだろうと 思うのです。
もちろん、一人ではできません。
一緒に 歩んでくださる方が 必要です。
とにかく 常に 大募集中なのです。
平に平に お願い 申し上げます。

さて、Plain-language とか、 ヘルスリテラシー とか
ぜんぜん、「やさしくない日本語」で 申し訳ありません。

Plain-language(プレインランゲージ)というのは
諸外国の動きで 一般人にも 専門家の 話を 解りやすく 説明しようというものです。

英語なら
Plain-English というように 使います。

国際医療保健の 分野の 大きな目標に
ヘルスプロモーションの 向上というものが あります。

ヘルスプロモーションとは
「人々が自らの健康とその決定要因をコントロールし、
 改善することができるようにするプロセス」
のことです。

その人が その人らしく 生き生きと 生きるために
世界が 手を つないで 社会づくりを しましょうということです。

その 社会づくりの 中でも
ヘルスリテラシーの 向上というのが、大切だと 言われています。

ヘルスリテラシーというのは
健康に 関して
1.情報を 得ることができる
 (教えて もらったり 調べることが できる)
2.得た 情報を 元に 行動することができる
 (わかったことを することが できる)
3.批判的に 考え 社会的な 行動ができる
 (よく 考えて、違うと 思ったことや 直した方が よいと 思うことを 
  他の 人に 伝えて もっとよい 方法を 考えることが できる)

というふうに 発展していくと 考えられています。

そして、まず 最初の 「情報を 得る」ために
Plain-langageの 普及が 大切だと 言われているのです。

一生懸命 調べても 専門用語ばっかりでは、さっぱり わからないですものね。
だから、専門用語を やめて、一般的な 単語だけを 使って、
文章は 短く、一目で わかるような デザインで 文章を 書きましょうという
ことなのです。

アメリカでは、オバマ大統領が すべての公文書を
Plain-languageで つくると 決めて
ヘルスケア分野だけではなく、本当に すべての分野の 公文書を
Plain-languageで 書くことが 法律に なりました。

どの部署が 最高に わかりやすい Plain-languageの 文書を 作ったかという
コンクールまで あります。

大統領が 変わってからは ちょっと わかりませんが。。。

Plain-languageの 良い所は
1.能力が 高い人は 短時間で 沢山の 情報を 得ることができる
2.なんらかの ハンディが ある人も 必要な 情報を 得ることができる
3.翻訳・通訳が 速やかで 誤訳することも減る
4.簡単な 辞書で 意味を 調べることができる
5.文書の 紙を 減らすことができる。封筒も 小さくできる。切手も 安くできる。
  メールで やりとりすることもできる。
6.分からなくて 困ることが 減り、
  問い合わせの 為の オペレーターを 減らすことができる。
ということで、5・6で かなりの コスト削減が できたということです。
みんな 幸せですね。

この方法を 移民・難民への サポートにも 活用しましょうと 言うことが
多くの 国の ヘルスケアサポートの施策や 提言に 盛り込まれるようになりました。

ところで、日本は
まさかの 日本人そのものの ヘルスリテラシーが 低いという データが
あるのです。
私です。「絶対安静」が 解りませんでした。
なんと8割以上の 一般日本人が 「病院の言葉」が 解りにくいと
答えたというのです。
私だけでは ありませんでした。

だから、
「病院の言葉」を やさしい日本語という Plain-Japaneseにして
日本人も 外国人も サポートしましょう!
そして、そうすれば、医療通訳の 方々との 連携も スムーズに 行くはずです。

というのが、私の 目標です。

明日は、これを 発表して、
参加者の 皆様から いただく コメントや
他の方々の 発表から 得た 学びを 書いてみたいと 思います。

では、また。


最後までお読みいただきありがとうございました。
コメントなどいただけると励みになります。
看護・日本語・医療通訳のカテゴリーで
人気ブログランキングとブログ村に登録しています。
下の和ランプのともしびを、それぞれポチッと応援お願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
(和ランプの画像は「四季の素材 十五夜」さまの素材集より感謝していただきました。)

[PR]
by yasashiinurse | 2017-07-07 23:53 | フォーラム | Comments(2)
今回は、第9回放送から「阪神淡路大震災から生まれた『やさしい日本語』」の後半部分です。
音声はこちらから

岡山県県民生活部国際課のホームページにある
ラジオ放送「やさしい日本語講座」全20回
から
紹介しています。

この放送は、2014年11月から2015年3月まで
エフエム岡山「Fresh Morning Okayma」
放送されたものだそうです。

1回約15分です。

岡山県県民生活部国際課さまより、
音声ファイルの書き起こしと個人の非営利ブログ上の公開の
許可をいただきました。ありがとうございます。
(商用転用は不可です。皆様のご理解をお願いします。)


黒字は DJ森田恵子さん
赤字は ゲストの キム・チアキ(FMわぃわぃ)さん

では、どうぞ。

-----
海岸地域に ベルトコンベアの ところには、
ガスタンクが 沢山 ありますので、
消防が「避難!」「避難!」「避難!」って 大声で 言うんですけれども
海岸地域に そこは 地価が 安いですから、
沢山の 南米の 人達とか フィリピンの 人達が 住んでいると
かえって 避難ではなくて、家の 中に 閉じこもって しまう。
そういうことが 起こったのも 確かですね。

呼びかけが 逆効果に なってしまったっていうことも 起きていたわけですね。

自分の 安心な 場所っていうのが、
例えば 日本人に とっては、消防が 言う 所が 安全な 場所、
その 指示が 正しいと 思うけれども
日本語の わからない 人達にとっては、
安心な 所っていうのは、朝でしたから 自分の 家、
あるいは 自分の 友達っていうふうに
日本の 中の システムに 則らない 行動を とるなっていうのも
よくわかりました。

なるほどね。
認識が 全く 違うという ことですよね。
そういう中で、例えば 避難所に 集まった 外国籍の 方々というのは
避難所に 行けたことは 良かったかも しれませんが、
その中でも 随分と 情報を 入手するのに ご苦労なさったそうですね。

ええ。
これは、長田に 限って 言えば、
在日コリアンが 靴の町っていうので、たいへん 多かった。
で、彼らは 100年以上も 共に 住んでいるので
こういう場合は 近くの 小学校 あるいは 中学校に
避難するっていうのは、よく知っている。
それから また、そこに 行けば 自分たちの 登録っていうか 
「なにきょうじゅ?」には 誰々が 居るっていうのを 
学校の 先生が 「これに 書いてください」って 言われれば
日本語も 解るし 文字も 書けるので、それを 書くんですが
その時に「あ、自分は 外国人だ。」
もしかして、外国人だから 沢山の 人が 本当に いっぱい 集まっていますから
「日本人 優先っていうふうに 言われるのではないか。」というような
それぞれの いろんな 思いがあって、
普通は リーとか パクとか 隣の人も 韓国人って わかっていても
日本名 いわゆる 通名を 書いてしまい、
そうすると、そこに 在日コリアンの 近くにいる 大阪 あるいは
地震っていうのは ちょっと 地域を 外れると 
そんなに 被害が ありませんから
「あの人は どうしてる」と 思って やってきた 在日コリアンにとって
その 登録名を 見ても 日本人ばっかりで、
「あの人は どこに 行ったんか」っていうのが 
全く わからない状況に なったっていうことが ありました。

最初の 一歩である 登録をする、記入するという 時点で
色々な その人その人の 思いが 交錯して
結局 その 情報が お互いに 届きにくい 状況に 起きたっていうことですね。

そうです。だから、日本語が わかってても
日本語が 理解できて 字を 書けても、
そこに 「自分たちは 共に居る 人間で 
日本人と 同じように 権利を 優先されるんだ」っていう
その 意識が なければ、
言葉が わかる わからない 書けるっていうことだけでは ないんだ
その人の 安心感とか 共に居る 人間だっていうふうに 理解されないと
言葉っていうもの 文字っていうのは 通用しないんだっていうのが
FMわぃわぃが 外国語で 「ヨボセヨ」って 呼びかけて
「私は あなたのこと、ちゃんと 知ってますよ」っていう
外国語で するっていう その 最初の 始まりは
その 安心感、「あなたの ことを 心配していますよ」っていう
メッセージを 届けるための 情報発信として
FMわぃわぃが 生まれたということを お伝えしたいなと 思います。

FMわぃわぃが 当初 ボランティアから 始めた 放送というのは、
避難所で どんな ことを 放送を 繰り返していたんでしょうか?

まずは、「あなたを 探しています」「あなたは どうしてますか?」って
「ヨボセヨ」で 始まって、何時何分に 避難所の 入口で「ヨボセヨ」って
声を かけたら、手を あげて 出てきてくださいっていう
安否確認、その人を 確認するっていうこと。
それから「私達は、あなた達の 為に こういうものを 持ってきました」っていう
物資を 持ってきて、それを お渡しする。
すると、そこの 避難所の 中で、日本人から 日本人へっていうのは
人数的に 対等な 平均値ですけれども
マイノリティ 避難所の 中での マイノリティが もらう 支援物資っていうのは
すごい 沢山 あるんですよね。
すると 沢山の 物、自分は オムツは いらない、
そしたら 隣の 日本人の この子に 差し上げようというふうに
支援される 人間では なくって、今度は 分け与える 人にも なり、
それから ラジオの 情報で 様々な ものを 
自分が 入手した ところで、今度は こういうことが あるよ
こういう 支援が くるよっていうのを 隣の 人に
ラジオの 情報を お届けすることができ、
聞きたいことが あったら、この ラジオの 取材に 来た 人に 伝えたら
それを また ラジオで 答えてくれるよっていう 
ツールとしての ラジオっていうのを
地域の 中で 使えるもの、自分の 必要な 情報を 届けてくれるものとして
使えるっていうのを 在日コリアンから 
地域の 日本人にも 広げることが できるっていう 力
声の 力、情報の力っていうのを お伝えすることが できたと 思います。

なるほど。
実際にですね、いつ 地震が 起きるか わからないわけです。
そんな 時に 例えば 「避難してください」とか
「車を 左側に 寄せて 停車してください」などと
呼びかける 事が あります。
そういう 時には どんな 言葉で 日本語を 言い換えれば
わかりやすいと 思われますか?

もちろん、その人の 言語を 使うことが できれば 良いんですが、
そんなことは、災害時に できるとは 思えなくて
「にげましょう」ですね。

「にげましょう」

で、そして 指さすっていうのと、
それから、その人の 肩を 抱くっていうふうに
声では「にげましょう」

声では「にげましょう」
例えば、「停車してください」っていう時には?

「とまってください」

「車を 停めてください」とか「とまってください」っていうふうに
声だけの 場合は そうで。

そうですね。

目の前に 居る場合は、体に 触れながら 誘導してあげるとか
そういうことが。

そうですね。指さすっていうのも 必要だと 思います。
この 指さすっていうのは、
もしかして 耳の聞こえない方にも 伝わるっていうことかと 思いますし。

はい。
「やさしい日本語」と 共に、「やさしい行動」が 
共に 必要だということですね。

はい。

今朝は 神戸市 長田区に あります
多文化・多言語コミュニティ放送局 FMわぃわぃの
総合プロデューサー キム・チアキさんに 伺いました。

まもなく 阪神淡路大震災から 20年を 迎えます。
大災害の 時に 正しい 情報を 得るために 
また 伝えるために 何が 必要なのか
一人ひとりが 改めて 考えてみる 機会でも あります。

来週も キム・チアキさんに 伺います。

フレモ二 日本語講座「やさしい日本語」
岡山県が お送りしました。

-----
いかがでしたか?

在日コリアンの方々は、今も ヘイトスピーチなどに 苛まれ、
100年以上も 共に 暮らし、地域経済を 支える 住民で あるにも
かかわらず、悲しい 差別の 歴史が 避難所での 登録ひとつにも
現れたということ、とても 悲しく 「和を 大切にする 文化」を 
誇りとする 日本人として 残念で なりませんでした。

関東大震災の 後でも 在日コリアンの 方達が 虐殺されたりし、
とても 悲しい 歴史が 沢山 刻まれています。

こういうことを 書くだけで「反日」とか 言われるかもと 心配しなければ
いけないような 風潮さえ、現在の 日本には なんとも 言えない
空気が 漂っていますね。

私達 ヘルスケア従事者は、「すべての 人が その人らしく
生を まっとうすること」を サポートする 仕事だと 考えて
その命に 優劣を つけることなく、
心を 寄せて 仕事を していきたいと 思います。

さて、後半で 「やさしい行動」について キムさんが 話しておられました。

以前、私が「国際救援看護師」に なりたいと 
訓練に 参加していたことを 書きました。
その時に ロンドンでの 爆弾テロでの 救援活動の 報告を 
聞いたことが ありました。

重傷者の 救援も 大変だったとの ことでしたが、
軽症者の 誘導も 大変 困難だったとの ことでした。

それは、まず 人々が パニックに なっていて、
コミュニケーション能力が 低下していること、
そして、爆風で 鼓膜が 破れ、
耳が 聞こえなくなっている 人が 
沢山 発生していたことによるとの ことでした。

イギリスは、Plain-languageの 発祥の地でも あります。
Plain-languageとは、専門用語を 排除して、
短い 能動態の 文章で 表記する というものです。

パニックに なっている人たちや 耳が 急に 聞こえなくなった人に
このPlain-languageが とても 有効だったと 聞きました。

アメリカでは、すべての 公共情報を Plain-languageで 表記するというのが
法律に なっています。

知的能力が 高い人には、一瞬で 情報が 伝わり、
情報収集時間も 短縮できる。
教育レベルが 低い 人達(子どもや 高齢者を 含む)人達にも
情報が 伝わる。
英語を 第二言語として 使用する 人達にも 情報が 伝わる。
英語を 理解できない人には、Plain-languageで 表記されたものを
当該母国語に 翻訳して 提供する。
専門用語が ないことと、文法が 単純であるために、翻訳も
スムーズで 速やかに 対応できる。
すべての 人が 誤解なく 情報を 共有することで、
問い合わせも 少なくなり、問い合わせの 為の オペレーターを
減らすことが できる。
さらに 文章が 短いために 必要な 紙、印刷、郵送料なども削減でき、
経済効果も 生まれたとの ことでした。

すべての 人にとって ウィンウィンな Plain-languageに
「やさしい日本語」は、極めて 似ていると 私は 考えています。

今回の 放送では、マイノリティの 置かれている 社会的背景と
Plain-languageについて 考えさせて いただきました。

次回も キム・チアキさんの お話しが 続きます。
なかなか、現場の 当時の お話しを お聞きする 機会は ありません。
貴重な 放送に 触れることが できたことに 感謝して、
書き起こしを 続けていきます。

では、また。






最後までお読みいただきありがとうございました。
コメントなどいただけると励みになります。
看護・日本語・医療通訳のカテゴリーで
人気ブログランキングとブログ村に登録しています。
下の和ランプのともしびを、それぞれポチッと応援お願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
(和ランプの画像は「四季の素材 十五夜」さまの素材集より感謝していただきました。)

[PR]
by yasashiinurse | 2017-06-17 15:03 | ラジオ講座「やさしい日本語」 | Comments(1)