「やさしい日本語」で外国人患者さまや医療通訳の皆さま、病院の言葉が難しいと感じている方々と繋がっていきたいと考えている元看護師です。これから勉強するので、ぜひ皆様ご指導をお願いします。

by みっこ

方言は使わない、まとめ@岡山県ラジオ講座「やさしい日本語」第4回放送

今回は、第4回放送から「方言は使わない」と「まとめ」の部分です。
音声はこちらから

岡山県県民生活部国際課のホームページにある
ラジオ放送「やさしい日本語講座」全20回
から
紹介しています。

この放送は、2014年11月から2015年3月まで
エフエム岡山「Fresh Morning Okayma」
放送されたものだそうです。

1回約15分です。

岡山県県民生活部国際課さまより、
音声ファイルの書き起こしと個人の非営利ブログ上の公開の
許可をいただきました。ありがとうございます。
(商用転用は不可です。皆様のご理解をお願いします。)


黒字は DJ森田恵子さん
赤字は ゲストの オウ・キョウさん

では、どうぞ。

-----
また、オウさんは、岡山弁が むずかしい、と 言いました。

はい。

意味が わからない 岡山弁って ありますか?
例えば。

例えば、モンゲ とか

もんげぇ の こと?

はい。
オウエン とか よく わからないんですね。

じゃぁ、それを 使って 会話を して みます。

はい。

では、わかりにくい 会話が あったら 言って くださいね。
「オウさん こんにちは。」

「森田さん こんにちは。」

「あれ、オウさん どしたん、元気が ねぇなぁ、どしたん?」

「なんだか おなかが 痛いんですよ。」

「そりゃ おうぇんがぁ、病院へは 行ったんかなぁ。」

「まだ 行って いないんです。近くに 病院は ありますか?」

「あぁ、えっとなぁ ここから なら、カワサキ病院が ちけぇよ。
あそこは もんげぇ 親切じゃけんなぁ。
今日は ゆっくり せられぇ。」

「ありがとう ございます。」

さぁ、今 会話が できている ようでした。
でも、わかりにくい 岡山弁が ありましたか?

はい、ありました。

どこ?

オウエン とか モンゲ とか よく わからなかったんです。

なんか、ちゃんと 答えて くれてたから わかったと 思ってたら

えっと、後ろの 「病院には 行ったんかなぁ」とか
その ところは わかりました ので
前の ことばは ちょっと


岡山弁は わからない まま
後ろに ついていた 「病院には 行きましたか?」とか
「親切だし ゆっくり してね」っていうので 
「はい」って 答えて くれたんだ。

はい、そうです。

岡山 おるんじゃから、岡山弁 わかって ほしんじゃけど
でも、「もう もんげぇなぁ」とか 「そりゃ おうぇん おうぇん」
「オウさん、おうぇん おうぇん」って 言われても

わからないです。

ごめんなさい。
では、「それは いけない ですね」「それは ダメ ですね」
だったら わかりますか。

あ、それは わかります。

じゃぁ「あそこは とても 親切です。」だったら

へぇ、大丈夫です。

あぁ、わかる。
「もんげぇ 親切」って いうのは
「とても 親切」「沢山の 親切」って いうような
と いう 意味 なんですね。

はい。

あぁ、そうか。
えっと こう 日本人でもね、
岡山県 以外に 住んでいる 方は
岡山弁 きっと わからない ですよね。
たぶんね。
だから ということは 外国から 来た 人は 本当に
日本語を 勉強 しはじめた 人には
「おうぇん おうぇん。」
「もんげぇなぁ」「でぇれぇなぁ」「ぼっけぇがぁ」と 
言われても わかんない。
ほんと、クエスチョンな 顔 してる。
ほんと、わかりにくい かも しれませんね。

はい。

で、私たちが こちらが なんか こう 親密に
フレンドリーに かかわろう コミュニケーションを とろうと
すれば するほど、岡山弁 方言って いうのをね、使うかも しれません。
それが、あの なんかね、伝わらない、逆効果に なって しまったら
なんか コミュニケーション とれなく なりますね。

そうですね。

外国人の 方には、岡山弁を 使わず
標準語で 伝える ように 
そういう 心がけが 必要だなぁ って 思いました。

それは ありがたい ですね。

オウさん ありがとう ございました。

こちらこそ ありがとう ございました。

先週の ゲストの チン・コウリンさんも お話し して いました。
自然 災害の 時に 使われる 緊急用の コメントの 中にも
外国の 方には 理解 しづらい ものが あるんですね。

「ライフライン」は ニュースなど でも 多く 使われて います。
でも、外国の 方には、実は 何を 指しているのか
意味が 通じて いないと いう ことも あります。
それは 今日の ゲストの オウ・キョウさんも 言って いました。

他には「ダイヤル」という 言葉
「伝言ダイヤル」などで 使われますが、
英語の 発音とは 異なる ために
実は わからない と オウさんは 言って います。

伝え方を 気を付けて いきたい ですね。

そして 方言です。
気さくに フレンドリーに コミュニケーションを 
とろうと すれば するほど、
方言が でて しまいますよね。
でも、実は 外国人の 方には 理解が むずかしい ようです。
逆効果に なって しまうと
その フレンドリー という 気持ちが から回り して しまいますね。
外国人の 方には、岡山弁を 使わず
標準語で 話すよう 心がける 必要も ありますね。

今日の ふりかえり です。
1.カタカナ・外来語は 使わない。
2.方言は 使わない。
です。

さぁ、今から 気を付けて
やさしい 会話を すすめて いきましょう。

フレモ二 日本語講座「やさしい日本語」
この コーナーは 岡山県が お送り しました。

-----
いかがでしたか?
方言は とても むずかしい ですね。
今回の 書き起こしは 岡山弁が 聞き取れず、
何度も 聞きなおしました。
岡山の 方に 合っているか 答え合わせを お願いしたいです。

その 地域の 人々に とっては、
生まれた 時から 耳なじみ が あり、
愛着の ある 温かみ を 感じる 言葉 なのですが、
一歩 その 郷土 から 離れると まるで
通じない ことが ありますね。

私も 生まれは 東京 なのですが、
今 住んでいる ところに 引っ越して 来た時は
話しかけて くれる 同級生の 言葉が
まるで わからず、かなり 混乱 しました。

「これ、たべてみりん。どうまいにぃ。」と
お菓子を もらったんですが、
てっきり ドーマイニーという お菓子かと
思って しまった ことが ありました。
本当は、「これ、食べてみて。とっても おいしいよ。」
という 意味です。

有名な カール・ダニエルさんの ように
郷土言葉 研究家 の ような 方は ともかく
日本語を 勉強 し始めた 外国人の 方々には
学んでいる 標準語を 使いたいと 思います。

「やさしい日本語」は、
基本的に 外国人の方々との コミュニケーションを 
円滑に とれるように 開発された ことば ですが、
日本人の 高齢者や 子どもの 方々にも
「むずかしい 言葉を やさしく 言い換えて 簡潔に 話す」という 点で
有効な コミュニケーション 手段だ と 言われて います。

しかし、高齢者の方々の 中には、
郷土の 言葉の 方が、伝わりやすい 
という 側面も ありますね。
そういう 場面では、標準語の「やさしい日本語」に こだわらず、
方言を 使いながらも、
「むずかしい 言葉を やさしく 言い換えて 簡潔に 話す」という
部分を 意識して 「やさしい会話」を めざしたいと 思います。

いろいろ 深めて いきたい 部分が 出てきました。

どんどん 勉強を すすめて いきましょう。

これで、第4回 放送 までの 書き起こしが 終了 しました。
次回は 第5回 放送に なります。

では、また。



最後までお読みいただきありがとうございました。
コメントなどいただけると励みになります。
看護・日本語・医療通訳のカテゴリーで
人気ブログランキングとブログ村に登録しています。
下の和ランプのともしびを、それぞれポチッと応援お願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
(和ランプの画像は「四季の素材 十五夜」さまの素材集より感謝していただきました。)

[PR]
by yasashiinurse | 2017-06-04 12:17 | ラジオ講座「やさしい日本語」