「やさしい日本語」で外国人患者さまや医療通訳の皆さま、病院の言葉が難しいと感じている方々と繋がっていきたいと考えている元看護師です。これから勉強するので、ぜひ皆様ご指導をお願いします。

by みっこ

ゲスト紹介@岡山県ラジオ講座「やさしい日本語」第5回放送

今回は、第5回放送から「ゲスト紹介」の部分です。
音声はこちらから

岡山県県民生活部国際課のホームページにある
ラジオ放送「やさしい日本語講座」全20回
から
紹介しています。

この放送は、2014年11月から2015年3月まで
エフエム岡山「Fresh Morning Okayma」
放送されたものだそうです。

1回約15分です。

岡山県県民生活部国際課さまより、
音声ファイルの書き起こしと個人の非営利ブログ上の公開の
許可をいただきました。ありがとうございます。
(商用転用は不可です。皆様のご理解をお願いします。)


黒字は DJ森田恵子さん
赤字は ゲストの 大隅元代(おおすみもとよ)さん

では、どうぞ。

-----
今日は 日本語 初心者に むずかしい 
数字の 読み方と 漢語 表現に ついて ご紹介 して いきます。

本日の ゲストは 日本語 講師の 大隅元代さんです。
よろしく お願い いたします。

こちらこそ、よろしく お願い します。

大隅さんは 岡山県の 倉敷市の ご出身です。
中学校の 国語 教師を 26年 努めて いらしたんですね。

はい。

そして、退職されてから 日本語 教師の 資格を お取りに なりました。
なぜ、日本語 教師に なりたいって 思われたんですか?

あの、在職中も ボランティアで 日本語を 教えて いたんですけれども
その時に 教えた 生徒さん達が 
本当に 一生懸命 日本語を 覚えようと される。
で、その 力に 微力ながら 私も できたら いいなと 思ったのが
きっかけ です。

はい。そして2012年1月に パラグアイに わたりました。

はい。

ここで、パラグアイで 日本語学校で 日系人の 子ども達に
日本語を 2年間 教えて、2014年4月から 岡山県下の
日本語 学校に 非常勤 講師として 現在 在職して いらっしゃる。
と、いうことです。

はい。そうです。

パラグアイと いうのは、
日本から どのくらい 離れて いる ところなのでしょう?

ちょうど、日本の 裏側ですね。
飛行機を 乗り継いで 30時間ちょっと位で 行く 国です。
第二次世界大戦 前後に 日本から 沢山の 人たちが 
移住を されたんですけれども、
その 人たちの 孫世代に あたる 子ども達が 今 大きく なっていて
彼らが 日本の 親戚の 人たちと 話を する為で あるとか
それから ちょうど パラグアイと いう 国は、
お隣が ブラジルで、私の 学校にも ブラジルから
生徒達も 来てたのですけども、
向こうでは 日本の 文化、マンガ文化が 非常に 盛んで、
日本語を 勉強したいっていう 子ども達が 多かったので
そこで 日本語を 教えさせて いただいていました。

そんな、日本語講師の 大隅 元代さんに、
今日は いろいろと お話しを 伺います。

-----
いかがでしたか?

かつて、ニューカマーと 呼ばれた 日系南米人の 方々は、
主に ブラジルと ペルーの 出身の 方々が 多かったのですが、
パラグアイにも 沢山の 日系人が いらっしゃるのですね。

日本語を 勉強しようと 思う きっかけが
日本への 再定住などでは なく、
マンガ文化だと いうのも 新鮮な お話しでした。

大隅先生の 行動力にも 感嘆しました。
私も これから 頑張っていきたいと 思います。

次回は「日本語検定」について、書き起こします。

では、また。


最後までお読みいただきありがとうございました。
コメントなどいただけると励みになります。
看護・日本語・医療通訳のカテゴリーで
人気ブログランキングとブログ村に登録しています。
下の和ランプのともしびを、それぞれポチッと応援お願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
(和ランプの画像は「四季の素材 十五夜」さまの素材集より感謝していただきました。)

[PR]
by yasashiinurse | 2017-06-05 09:59 | ラジオ講座「やさしい日本語」 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード