「やさしい日本語」で外国人患者さまや医療通訳の皆さま、病院の言葉が難しいと感じている方々と繋がっていきたいと考えている元看護師です。これから勉強するので、ぜひ皆様ご指導をお願いします。

by みっこ

建設業<たてものを 建てる 仕事>(42)@外国人建設就労者に対する安全衛生教育テキスト


2017年 3月に、「外国人 建設 就労者に 対する 安全衛生教育 テキスト (てきすと)」が できました。
少し 前に 厚生労働省の ホームページに 載りました。

しばらく、「外国人 建設 就労者に 対する 安全衛生教育 テキスト(てきすと) 」を 説明します。
この テキスト(てきすと)は、中国語ベトナム語英語インドネシア語の ものが あります。
言葉が わかる 人は そちらを 見て ください。

きょうは 42回目です。
-----
「外国人 建設 就労者に 対する 安全衛生教育 テキスト(てきすと) 」
<たてものなどを 建てる 仕事を する 外国人が、けがや 病気に ならないように、気をつけて ほしい こと>

Ⅵ.感電災害<強い 電気が 体に 流れてしまう 事故>が 起きないように する ために、注意する ことを 説明します。

Ⅵ-1.架空電線近接作業<高いと ころに ある 電線に、近い ところで する 仕事>
d0364500_01392973.gif
① 電線が ある ところを 確かめて ください。
  確かめないで、仕事を して、クレーンが 電線に ぶつかった 事故が あります。
  電線に ぶつかった 時に、強い 電気が 流れて、人が 死んでしまいました。
  とても 危ないので、必ず 確かめて ください。
d0364500_03205399.gif

② 仕事を する 前に、電力会社<電気の 会社>と、どんな ことに 気を つけたら 良いのか 話し合って ください。
  電線の 近くで 仕事を する ときは、電力会社に、いつ どこで どんな 仕事を するのか 伝えて ください。
  ③から ⑦の ことに ついて、どういう ふうに するか 話し合って ください。
  電気の 事故が 起きた時、仕事を して いた 人が 事故に あう だけでは なくて、近くが 停電する<電気が 止まる> ことも あります。
d0364500_07325435.gif

③ 位置<どこに>、距離<どれだけ ちかくに>、電圧<どのくらい 強い 電気が 流れているのか>を、確かめて ください。
  危険表示看板<危ない ことが わかるように した もの>を 付けて ください。
d0364500_17471001.gif

④ 他の 人が 危ない ところに はいらないように、柵を つけて ください。
d0364500_07350618.gif
⑤ もしも、触って しまった ときに、強い 電気が 流れない ように、電線を まく もの が あります。
  保護管と 言います。
  保護管を 付けて ください。
d0364500_17544099.gif

⑥ クレーン(くれーん)を 運転する 人には、電線が 見えにくいです。
  それで、電線が 近くに ある ところで クレーン(くれーん)の 仕事を する ときには、監視人が 必要です。
  監視人は、危なくないように 気を付けて、働く 人に 教える 人の ことです。
d0364500_19064848.gif

⑦ 強い 電気が 流れている ところでは、電線に さわらなくても、電気が 流れる ことが あります。
  放電と 言います。
  放電で、クレーンに 電気が 流れた 事故が ありました。
d0364500_18165107.gif
  電線に 流れている 電気の 力が、どれくらい 強いか 確かめて ください。
  電気の 力に よって、どのくらい 近くに 行くと、放電して 危ないか 決まっています。
  安全距離と 言います。
  安全距離を 確かめて ください。
d0364500_18373542.gif
d0364500_18374719.gif
  そして、仕事を する ときに、それ以上 近くに 行かない ように して ください。




図や 絵は、 厚生労働省「外国人建設就労者に対する安全衛生教育テキスト 日本語版」(http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/170315_5a.pdf)、日本クレーン協会(http://www.cranenet.or.jp/susume/susume06_08.html)、職場のあんぜんサイト(http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzenproject/concour/2013/sakuhin2/n270.html)、中電工(http://www.chudenko.co.jp/sales/distribution_lines/)の 各サイトから 集めました。
自分で かいたものも あります。

次回も 「外国人 建設 就労者に 対する 安全衛生教育 テキスト (てきすと)」を 見ます。
-----


外国語で みたい 人は http://yasashiinurse.blog.fc2.com/blog-entry-424.html を みてください。

[PR]
by yasashiinurse | 2018-05-08 18:38 | 安全衛生教育マニュアル