「やさしい日本語」で外国人患者さまや医療通訳の皆さま、病院の言葉が難しいと感じている方々と繋がっていきたいと考えている元看護師です。これから勉強するので、ぜひ皆様ご指導をお願いします。

by みっこ

ハインリッヒの法則@やさしい日本語とイラストでわかる介護のしごと


介護の 仕事に たくさんの 外国人が 就いて います。
でも、利用者さんや 一緒に 働いている 人たちと じゅうぶんな お話が できるように 日本語も 勉強しなければ なりません。
介護の 勉強も しなければ なりません。
仕事も 勉強も たくさん しなければ なりません。
たいへんだと 思います。
それで、介護に ついて なるべく やさしく わかりやすく 説明したいと 思います。

「やさしい日本語とイラストでわかる介護のしごと」という 教科書を つかって、説明します。
この 本は、介護職員初任者研修課程というのを 勉強したい 人に、説明する ための 本です。


きょうは 12回目です。
-----
「やさしい日本語と イラストで わかる 介護の しごと」

「ハインリッヒ(はいんりっひ)の 法則」  p.21

アメリカ(あめりか)の ハインリッヒ(はいんりっひ)という 人が 見つけた ことが あります。
それは、とても 大変な ことが 起きる ときには、先に 少し 心配な ことが たくさん 起きているということです。
死んでしまう ような 大変な 事故が 1回 起きるときには、けがを する 事故が 29回 起きています。
けがを しそうに なる事故が 300回 起きています。
d0364500_22180993.gif
けがを しそうに なることが 多い 所では、どうして けがを しそうに なるのか 調べなければ なりません。
けがを しそうに なる 理由を みんなで 考えて、けがを しにくい 所に しなければ なりません。

けがを しそうに なることが 多い 物も、どうして けがを しそうに なるのか 考えなければ なりません。
みんなで 考えて、けがを しにくい 物に しなければ なりません。

けがを しそうに なることが 多い やり方が あります。
みんなで 勉強して、あぶない やり方を 直さなければ なりません。



次回も 「やさしい日本語と イラストで わかる 介護の しごと」を 見ます。
-----


外国語で みたい 人は http://yasashiinurse.blog.fc2.com/blog-entry-451.html を みてください。

[PR]
by yasashiinurse | 2018-06-04 23:18 | 介護の しごと