「やさしい日本語」で外国人患者さまや医療通訳の皆さま、病院の言葉が難しいと感じている方々と繋がっていきたいと考えている元看護師です。これから勉強するので、ぜひ皆様ご指導をお願いします。

by みっこ

相談援助の 基本の 7原則(2)@やさしい日本語とイラストでわかる介護のしごと


介護の 仕事に たくさんの 外国人が 就いて います。
でも、利用者さんや 一緒に 働いている 人たちと じゅうぶんな お話が できるように 日本語も 勉強しなければ なりません。
介護の 勉強も しなければ なりません。
仕事も 勉強も たくさん しなければ なりません。
たいへんだと 思います。
それで、介護に ついて なるべく やさしく わかりやすく 説明したいと 思います。

「やさしい日本語とイラストでわかる介護のしごと」という 教科書を つかって、説明します。
この 本は、介護職員初任者研修課程というのを 勉強したい 人に、説明する ための 本です。


きょうは 28回目です。
-----
「やさしい日本語と イラストで わかる 介護の しごと」

2.相談援助の 基本の 7原則(2)  p.43
相談援助の 基本の 7原則とは、「困っている ことや わからない ことを 聞かれて 助ける ときに、守らなければ いけない 7つの 大切な こと」と いう 意味です。
今日は ④から ⑦を 説明します。

④ 相手を そのまま 受け止めて ください。
相手が どんな 気持ちに なって いても、「良くない」「変だ」と 思わないで ください。
相手が どんな ことを しても、「良くない」「変だ」と 思わないで ください。
言っている ことや、やっている ことを 「ダメだ」と 言わないで ください。
「ダメ」や 「違う」という ような 言葉を 使わないで ください。
d0364500_20405843.gif
d0364500_20410413.gif

⑤ 一方的に 非難しないで ください。
一方的とは、「相手が 何も 言えないような 言い方の こと」です。
非難とは、「叱ること」です。
介護を される 人の 言っている ことや やっている ことを、叱っては いけません。
介護を する 人の 考え方で 相手を 「良くない」「変だ」「ダメだ」と 言っては いけません。
どうして そう 言ったのか、どうして そう やったのか、介護を される 人の 気持ちに なって 考えて ください。
d0364500_20224774.gif
⑥ 自己決定を 大切に して ください。
 自己決定とは、「自分で 自分の ことを 決める こと」です。
 介護を される 人が、自分で 何を したいのか、決められる ように して ください。
 介護を される 人が、自分で 何を するのか 決められる ように して ください。
 自分で 決める ことが 難しい ときでも、介護を する 人が 勝手に 決めないで 見守って ください。
d0364500_20104958.gif

⑦ 秘密を 守って ください。
 介護を される 人の 個人情報を 他の 人に 話しては いけません。
 秘密を 守る ことが できないと、信じて もらえなく なります。
 信じる ことが できない 人に、介護を して もらっても 安心する ことが できません。
 秘密を 守って ください。
d0364500_22423003.gif
d0364500_20320535.gif




絵は、いらすとや(https://www.irasutoya.com/)から 集めました。

次回も 「やさしい日本語と イラストで わかる 介護の しごと」を 見ます。
-----


外国語で みたい 人は http://yasashiinurse.blog.fc2.com/blog-entry-467.html を みてください。

[PR]
by yasashiinurse | 2018-06-21 20:42 | 介護の しごと