「やさしい日本語」で外国人患者さまや医療通訳の皆さま、病院の言葉が難しいと感じている方々と繋がっていきたいと考えている元看護師です。これから勉強するので、ぜひ皆様ご指導をお願いします。

by みっこ

老化による こころと からだの 変化の 観察ポイント(1)@やさしい日本語とイラストでわかる介護のしごと


介護の 仕事に たくさんの 外国人が 就いて います。
でも、利用者さんや 一緒に 働いている 人たちと じゅうぶんな お話が できるように 日本語も 勉強しなければ なりません。
介護の 勉強も しなければ なりません。
仕事も 勉強も たくさん しなければ なりません。
たいへんだと 思います。
それで、介護に ついて なるべく やさしく わかりやすく 説明したいと 思います。

「やさしい日本語とイラストでわかる介護のしごと」という 教科書を つかって、説明します。
この 本は、介護職員初任者研修課程というのを 勉強したい 人に、説明する ための 本です。


きょうは 30回目です。
-----
「やさしい日本語と イラストで わかる 介護の しごと」

4.老化に よる こころと からだの 変化の 観察 ポイント(ぽいんと)(1)  p.46
老化とは、「年を とって、すこしずつ できないことが 増える こと」です。
変化とは、「変わる こと」です。
観察とは、「見て 考える こと」です。
ポイント(ぽいんと)とは、「大切な こと」です。

今日は、「お年寄りの こころと からだを 見て、変わりが ないか 考える ときに 大切な こと」を 説明します。

① 体温<熱>
 熱を 測って ください。
 いつも 同じ 時間に 測って ください。
 36.5℃から 37℃が 普通です。
 37.1℃以上 あるときは、「熱が 高い」です。
 35℃以下は、「熱が 低い」です。

② 血圧
 自動血圧測定器で、血圧を 測って ください。
 血圧は 1日の 間でも 朝から 寝るまで 違います。
 運動を すると 血圧は 高く なります。
 怒っている ときや、緊張している ときも 高く なります。
 夏の 熱い 時期は 低く なりやすいです。
 冬の 寒い 時期は 高く なりやすいです。

③ 呼吸<息>
 普通、1分間に 息を するのは、12回から 20回です。
 息を する とき、浅い 息を して いないか 確かめて ください。
 浅い 息を 速く して いるときは、体の 調子が 悪い ことが 多いです。
 リズム(りずむ)が 変では ないか 確かめて ください。
 リズム(りずむ)が 変な とき、体の 調子が とても 悪い ことが あります。

④ 脈拍<心臓が 動いている 回数>
 手首の 近くで 親指側に 脈拍を 測る 場所が あります。
 人差し指、中指、薬指の 3本の 指を 使って、そっと さわります。
 そうすると、脈が わかります。
 普通は、1分間に 60回から 80回 脈が あります。
 熱が 高いと、脈が 多く なりやすいです。
 体の 水が 足りないと、脈が 多く なりやすいです。
 脈が 50回よりも 少ないと 心配です。

⑤ 意識<脳が 働いて いる こと>
 急に 意識が 悪く なった ときには、救急車を 呼ぶ ほうが 良いです。
 脳の 血管が つまったり、やぶれたり して、意識が 悪く なることが あります。
 変な ことを 言ったり して いないか 確かめて ください。
 何を 言っているのか わかりにくく なって いないか 確かめて ください。
 起きているのに、まるで 寝ているように いろいろな ことが わからなく なって いないか 確かめて ください。
 手や 足が 動きにくく なって いないか 確かめて ください。
 頭が 痛くないか 確かめて ください。




図や 絵は、 の 各サイトから 集めました。
自分で かいたものも あります。

次回も 「やさしい日本語と イラストで わかる 介護の しごと」を 見ます。
-----


外国語で みたい 人は http://yasashiinurse.blog.fc2.com/blog-entry-469.html を みてください。

[PR]
by yasashiinurse | 2018-06-24 22:45 | 介護の しごと