「やさしい日本語」で外国人患者さまや医療通訳の皆さま、病院の言葉が難しいと感じている方々と繋がっていきたいと考えている元看護師です。これから勉強するので、ぜひ皆様ご指導をお願いします。

by みっこ

2018年 04月 07日 ( 1 )


2017年 3月に、「外国人 建設 就労者に 対する 安全衛生教育 テキスト (てきすと)」が できました。
少し 前に 厚生労働省の ホームページに 載りました。

しばらく、「外国人 建設 就労者に 対する 安全衛生教育 テキスト(てきすと) 」を 説明します。
この テキスト(てきすと)は、中国語ベトナム語英語インドネシア語の ものが あります。
言葉が わかる 人は そちらを 見て ください。

きょうは 11回目です。
-----
「外国人 建設 就労者に 対する 安全衛生教育 テキスト(てきすと) 」
<たてものなどを 建てる 仕事を する 外国人が、けがや 病気に ならないように、気をつけて ほしい こと>

Ⅰ-9.災害発生の 場合 <事故が 起きた とき>に、どうすれば 良いか 説明します。
d0364500_08410272.gif
① 事務所に 救急薬<けがや 病気の 時に つかう 薬>が ありますか?
  いつも 足りなくならないように 確かめて ください。

② 担架が ありますか?
  使い方も 確かめて ください。

この マニュアル(まにゅある)には、これしか 書いて ありません。
その 時に、事故が 起きた ときに どうすれば 良いか、説明しました。

ここに、その 時に 説明した ことを 書いて おきます。
知って おいて ください。

◆ 働いている とき、けがを しないように 気を つけて ください。
  でも、けがを する ことが あります。
  事故が おきる ことが あります。


◆ けがを したとき どうすれば いいか 知って おいて ください。
  事故が おきた とき、どうすれば いいか 知って おいて ください。
  わからなかったら、わかる 人に 教えて もらって ください。


◆ もし、けがを したり 事故が おきたときに、どうすれば いいか 説明します。
d0364500_22365027.gif
d0364500_22400161.gif
おどろいて あわてないで ください。
d0364500_02105368.gif
おちついて ください。

  
  ・ 事故が 起きている 近くは あぶないかも しれません。
   あわてて 近くに 行くと、あなたも 事故に あうかも しれません。
   気を つけて ください。
d0364500_01510098.gif
もっと ばくはつするかも しれません。
d0364500_00255782.gif
酸素が たりなく なっています。
あなたも 近くに 行ったら、あなたも たおれます。
d0364500_00282487.gif
体に わるい もので 調子が わるく なっています。
あなたも 近くに 行ったら、あなたも たおれます。


  ・ 大きな 声で 知らせて ください。
d0364500_00423258.gif

けがを している 人を 助けて ください。
 責任者<仕事を している ところの 中で えらい 人>に 説明して ください。
d0364500_03025293.gif
  ・ 責任者が どうすれば いいか 決めます。
   責任者が 言う とおりに して ください。
d0364500_00212002.gif
   けがを している 人を 病院に つれていく 手伝いを することも あります。
d0364500_00414268.gif
d0364500_23010993.gif
d0364500_16285866.gif
救急車の よびかたを 前に 説明しました。
見て ください。
2018年1月27日
安全に 働くことが 大切です。
説明した ことを わすれないで ください。
d0364500_11374525.gif
d0364500_09250640.gif
d0364500_20403544.gif


図や 絵は、ピクトアーツ(https://pictarts.com/)、いらすとや(www.irasutoya.com/)、匠の知恵(takuminotie.com)、厚生労働省「職場のあんぜんサイト」(anzeninfo.mhlw.go.jp/)、厚生労働省「製造業向け 未熟練労働者に 対する 安全衛生教育マニュアル」の 各サイトから 集めました。
自分で かいたものも あります。


次回も 「外国人 建設 就労者に 対する 安全衛生教育 テキスト (てきすと)」を 見ます。
-----


外国語で みたい 人は http://yasashiinurse.blog.fc2.com/blog-entry-393.html を みてください。

[PR]
by yasashiinurse | 2018-04-07 09:00 | 安全衛生教育マニュアル | Comments(0)